メルカリで賢く売るコツは?【その2】商品説明は丁寧に!

メルカリノウハウ

-スポンサーリンク-

メルカリで売るコツ第二弾です。

前回の売るコツは「写真は命」でした。

写真は、商品を見てもらうための入り口ですのでとっても大事です。

次に大事なことは、商品説明です。

商品説明を丁寧に掲載していますか?

ほんっとびっくりするぐらい何も書いていない商品があります。

中には「商品説明がありません。」ってのもありました。説明を書いていないんですよね。

ほんとに売る気あるんですかね?

例えば、洋服を出品するにはどんなことが書いていればいいと思いますか?

答えは簡単です。自分が購入するときに知りたい情報を書けばいいんですよ。

  • ブランド名
  • サイズ
  • 素材
  • 使用頻度
  • 購入時期
  • 商品の状態
  • こんなとこでしょうか。通販で洋服を買うのと同じですよね。

    メルカリは通販と同じで、写真と商品内容だけで売るんですよ。通販で買う時に一番大事なことは求めているサイズかどうかです。

    それなのに、まーーーったく欲しい情報が書かれていないのをよく見ます。

    「黒と白のボーダー柄のシャツです。」

    「ノースリーブのシャツです。」

    「ワンシーズン着用しましたがもう着ないので出品します。」

    いやいやいや。商品説明なさすぎ。。。

    洋服を売っているのにサイズぐらい書きましょうよ。

    サイズといっても「Mサイズです」で終わったらダメですよ。

    よっぽど人気があるアイテムじゃないと、みごとにスルーされちゃいますよ。

    それでも買いたいと思わせるほど素敵な商品なんでしょうか?

    着丈、身幅、袖丈、ウエスト、股上・股下のサイズは載せたほうがいいと思います。

    実際に売れた商品

    こちらは実際に出品して売れた商品です。

    アディダスのパーカーですね。

    商品説明

    その時の商品説明がこちらです。

    ブランド名はアルファベットとカタカナの両方、商品も「パーカー」「ウィンドブレーカー」と検索でヒットしやすいようにどちらも入れておきます。

    もし型番があれば型番も掲載したほうが絶対いいですね。

    コメントで着用感もよく聞かれますので、実際の着用感も予め書いておけばバッチリです。

    要は写真だけではわからない情報を商品説明で詳しく説明するってことです。

    見てくれた人が購入しやすいように、なるべく細かく書きましょう!

    メルカリでは販売された商品の50%が24時間以内に売れているといわれています。

    確かに売れる商品はものの数分で売れます。

    「いいね」がつかない商品や売れない商品は写真や説明を見直してはいかがでしょうか。

    -スポンサーリンク-