IPOをやってみよう!SBI証券でIPOを申し込む方法

売買単位

-スポンサーリンク-

IPOという存在を知ってからいろいろと調べてみましたが、やっぱり申し込まないことには始まらないと痛感。

どうせ申し込んでもすぐに当たるわけはないし、新しく証券口座を開設するのではなく、たまたま口座があったSBI証券で申し込むことに。

とりあえず申込方法がわからないことにはね。

いざ!IPOにチャレンジです!

まずは、SBI証券にログインして、画面上にある「取引」ボタンをクリックします。

SBI証券にログイン

「取引」ボタンをクリックすると、いろいろメニューが出てくるので、その中の「新規上場・公募増資・売出」をクリックします。

「新規上場株式ブックビルディング / 購入意思表示」の画面に募集されている銘柄が確認できます。

ここで「目論見書電子交付サービス承諾状況」が「承諾済み」になっていることを確認しましょう。

「未承諾」の場合は、「承諾画面」をクリックすると目論見書承諾画面へ移行するので、承諾してくださいね。

銘柄申し込みボタン

申し込みたい銘柄の「申込」ボタンをクリックします。

ここで確認です。発行価格が仮条件になっていますよね。これは、1株が800円から900円の間になる予定だけれど、まだ決まっていない状態です。

では、誰がどうやって決めるかというと、申し込んだ人(投資家)の中で一番買いたい人が多かった価格に決定されます。

800円で申し込んだ人が多かった場合は800円に、900円で申し込んだ人が多かった場合は900円に決定されます。

証券会社が仮の価格帯を決める→投資家が購入価格・数量を決めて申し込む→公開価格が決まるって感じですね。

このような公開価格を決める方法を「ブックビルディング」と言うそうです。

売買単位

申込株数は、「売買単位」の単位で入力します。この銘柄では100株単位で申し込めます。

次に価格ですが、一番高い900円で申し込んでも800円で申し込んだ人が多ければ、800円になるわけです(まぁそんなこと普通はないそうですが。IPOは最も高値で申し込むのが鉄則だそうです)。

もし抽選の対象外になったら残念だし、結局いくらで申し込めばいいか素人にはわかりませんよね?

ストライクプライスとは?

なので、わからなければ「ストライクプライス」を選択すればOKです。ストライクプライスは、どのような価格になっても買います!という意味です。

確実に抽選に進みたいのであれば、ストライクプライスを選択しましょう。

申込株数、価格を決定したら、取引パスワードを入力して「申込確認画面へ」をクリックします。

IPOチャレンジポイント入力項目は任意なので、ポイントを使わなければ何もしなくてOKです。

「申込」をクリック

次の画面で、申込内容が表示されるので、内容に間違いがなければ「申込」をクリックしましょう。

銘柄欄

申込が完了すると、銘柄欄に申し込みをした内容が反映されます。

100株、ストライクプライスで申し込んだことがわかりますよね。

ブックビル期間の22日11時までであれば申込を取消・訂正することができます。

ブックビル期間が終了すると取消、訂正はできないのでしっかり確認してくださいね。

抽選結果が6月25日の18時からです。SBI証券では、当選または補欠当選するとメールで通知がきます。落選するとなにもきません。。。

SBI証券でIPOを申し込むときの注意点は、抽選日に口座に預けている残高(買付余力)が申し込んだ金額に満たない場合は、抽選の対象外になること。

買付余力の確認は、発行価格決定日(抽選日)の18時以降に行われるので、それまでに口座残高があることを確認しておきましょう。

仮に900円×100株だとすると、6月25日の抽選日には口座に9万円以上の残高があることが必要です。

これでめでたく初IPO申込み完了です!

結果が楽しみですね。

ちなみにSBI証券は、申込株数が多ければ多いほど当選確率が上がる仕組みです。

つまり100株ごときの申込株数では。。。

ま、まぁ落選してもSBI証券では、IPOチャレンジポイントが貯まっていくので、当たらないからといって申し込まないのは損ですから!

これからは積極的にIPOを活用していくぞー!!

-スポンサーリンク-